オンラインカジノの安全性

オンラインカジノの安全性について一言触れさせて頂きます。

オンラインカジノのサービスは既に10年ほどの歴史があります。

その中でも、32レッドカジノは2005年9月に、ロンドン株式市場で初めてオンラインカジノ企業として上場を果たしています。(ロンドンで上場されているオンラインカジノ、スポーツベットの企業としては、ウィリアムヒルをご存知の方も多いかと思います。)

海外でのカジノ企業への評価は、日本での賭博イメージとは180度異なって、超優良企業、エンタテインメント企業として確固たる地位を与えられています。

とりわけ、32レッドカジノは、海外でプレイヤーから最も信頼されているプレイヤー用の支援サイトCasinomeisterより2003年から毎年「最高のオンラインカジノ大賞」を受賞しています。2010年度にこれまでの業績を称えて、「今10年間最高のオンラインカジノ賞(Best Casino of the Decade)」を受賞しています。

こういう企業が日本向けにソフトウエアもサポートも日本語対応をしてくれているワケなんです。

ベラジョンカジノは2012年と最近開設されたサービスですが、ここもマルタ政府のライセンス発行と認可を受けています。

これらのカジノでソフトウェアに使用されている RNG 乱数生成機能(ゲームアルゴリズム)の公平性に関しても運営側が自分たちに有利に調整するといったこともできませんし、外部監査機関からの厳しいテストを経た上で全てのゲームが運営されています。

ゲームソフトに運営者が関与出来ませんし、そのゲームソフトそのものについてもゲーム制作会社が監査を受けないといけないということなので、公平性に疑いの余地が無いわけです。

この点は、パチンコがゲーム機の調整を個別に行えるため、運営者の公平性が確実と言えず、店舗外の景品交換という形でしか賭博法の規制を免れられないのとは対照的です。

こうした政府認可を得たオンラインカジノの公平性については、十分安心できると思います。

 

 

 

お役に立てることがありましたら、応援クリックをして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村
 

[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`newsing` not found]

コメントを残す